iPhone修理のコツ

iPhone修理のコツ

ひび割れさせない為の事前防止策

iPhoneの修理の中で最も多いのが液晶画面のひび割れです。 ひび割れしてしまった液晶画面は修理をしなければいけませんが、今回は修理の前にまずは液晶画面を守る方法をいくつかご紹介させていただきます。 まずは液晶画面をむき出しにしないことが第一優先ですので、 iPhone自体をケースで囲うことで万が一落とした場合でもケースがクッションになりひび割れを防いでくれます。 ケースといっても今では選びきれないほどのケースが出ていますが、おすすめは手帳型ケース。 この手帳型は完全にiPhoneを360度囲いますのでひび割れ防止には一番効果的なケースと言えるでしょう。 次にひび割れを防止する方法として挙げられるのが、液晶を保護するフィルムを張ることです。 ケースだとどうしても厚みが出てしまいかさばってしまうというデメリットがある分、保護フィルムであればとても薄いですし、衝撃にも耐える力を兼ね備えています。 家電量販店などに行けば、1枚1000円前後で購入できますので、ひび割れして修理する費用よりも断然に安いです。

最後はホールドリングと呼ばれる商品です。 こちらは今までの液晶画面を守るという観点ではなく、ひび割れの原因で多い、手から滑り落ちて地面に落としてしまうというケースを未然に防ぐ商品です。 いわゆる、iPhoneを持ったときにリング状の金属をiPhoneの後ろに付けていますので、 そこに指を通せば絶対にiPhoneを地面に落とすことはないというとてもシンプルな商品です。 このようにiPhoneの液晶画面が割れてしまう前に防止策がいくつかありますので、修理の費用を出さない為にも事前に自分で予防するようにしましょう。